宮崎県の方言

宮崎の言葉(宮崎弁)は、海側の日向市、宮崎市を含んだ日向方言と、山側(南西側)の都城市、小林市を中心とする諸県方言の2つに別れます。
日向方言はさらに北部、中部、南部で少しずつ違いが見られ、宮崎の広い地域で話されています。

諸県方言は、その地域がその昔薩摩藩だったということもあり、鹿児島県の薩摩の言葉に似ています。

ことば意味
〜かい、〜じゃかい〜から、〜だから
〜じい〜のだ、〜のよ
あんど飽きること、めんどう
あんどせん飽きない
いっちゃがいいですよ、かまわないよ
いっぺこっぺ一所懸命
おかし恥ずかしい
かざる、かざむにおう、臭い
かせー手伝い
きないきなさい、おいで
ぐらしーかわいそうだ
げんね恥ずかしい、みっともない
こしずるい
しちりんバカ
しでる気取る
じゃーじゃー、じゃがじゃがそうだそうだ
せがらし、せからしかやかましい、うるさい、わずらわしい
せせろしいうるさい
せんいち嘘つき
ちゅんて冷たい
ちょこばいーくすぐったい
てげたいそう
ひだりぃ空腹で疲れた
ひんだれた疲れた
みがんのよか冷え冷えする、肌寒い
むじいかわいらしい
よかおなご美人
よだきーめんどうだ、かったるい、気乗りしない

スポンサード サーチ