大分県の方言

大分の言葉(大分弁)は、筑後川・球磨川で福岡県と隣合っている日田地域では福岡弁に近い言葉が聞かれますが、東部地域は四国地方、中国地方と向かい合っていることもあり、中国地方、四国地方の言葉の影響が見られ、九州弁よりそちらの言葉の影響が強いです。

また、大分の言葉の特徴として、単語の意味を強める言葉として、「ちー」「けー」「しち」などを使います。
例えば、「ちーたたく」は、ぶっ叩くというように、強く乱暴な感じを表します。

ことば意味
いびしい醜い、気味が悪い
えーらしいかわいい
えらそぶる気取る
かしくいずるい
けー来い
さるがりー肩車
しぇんしぇーせんせい
しゃーしい、しゃーしかうるさい、わずらわしい
すもつくれん役に立たない、つまらない、くだらない
すらごとうそ
せがらし、せからしかやかましい、うるさい、わずらわしい
せせろしいうるさい
だいやーあらまあ
つば
どーよー?元気だった?
なえ地震
なえた疲れた
なんな?なに?なんなの?
ひえー冷たい
べかたんバカ
むげねーかわいそう
むつくさい、むつこさい、むつこいかわいそう、不憫だ
よーらくつらら
よだきーめんどうだ、かったるい、気乗りしない

スポンサード サーチ